NPHFBOLOGO.jpg


10月1日は日本酒の日

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


NPO法人FBO特別サイト Last Updated 2015-06-29

HOME > 国境なき父親の会 > 国境なき父親の会 食糧援助基金(FBO Food Foundation)はじめに

top_img.jpg

国境なき父親の会とは

FBO FOOD FOUNDATION(食糧援助基金)は当会の設立15周年記念事業として『21世紀 国境の無くなる世紀』と位置づけ発会の目的のひとつである社会貢献活動の一環として設立を目指します。
この基金は「世界の子供達が夢の持てる食環境の実現を目指す」をスローガンに、「食」の効果(効用)、本質から本当に意味(理由)のある食糧援助が達成できるよう飢餓や貧困に苦しむ人々の支援をしてまいります。そして父親が子供にする様な、甘やかさず自立させる食環境援助を目標にします。
食をもって国境という物質争奪の根本を取り除くムーブメントの一つとして「国家」・「民族」・「宗教」等の干渉を受けることの無い活動を目指します。

はじめ
NPO法人FBOの支援事業であります食糧援助基金(FBO Food Foundation)では「世界の子どもたちが夢を持てる食環境の実現」をスローガンに、当会が研究を続けている「食」の効果や効用、本質を訴求しつつ、被援助者にとって真に意味のある食糧援助及び自立援助を達成できるよう、飢餓や貧困に苦しむ人々の支援を目的とした「国境なき父親の会~Dad Without Borders~」の創設に向けて現在取り組んでいます。国境なき父親の会では「世界の子どもは私の子供だ(仮)」をスローガンに、父親がみずからの生き方を子供に示しながら厳しく導くように、被援助者が自らの手で自立した食環境の構築を行えるよう援助地域における人材育成も積極的に実施していく所存であります。また、急速なグローバル化により既に世界市場はボーダレス化しておりますが、当会では21世紀を「国境のなくなる世紀」と捉え、国家・民族・宗教などから干渉を受けることのない活動を通じて、先進国本位の資本主義社会を保護すると共に、現代の物資争奪戦争の元凶の一因ともなっている「国境」の意義に一石を投じ、世界の人々の心から「食」をもって「国境」を取り除く一助となるよう活動を展開してまいります。
存でございます。

|1|2|3|4|5|